綺麗な住宅

一苦労な作業

石でできた通路

草取りという庭の清掃作業は、体力的に一苦労になります。しかしながら、草取り作業をサボってしまうと、すぐに雑草が生えて後々面倒になります。面倒なことになる前に業者に依頼しましょう。

職人にお願いする

広い和室

昔から庭を手入れしてくれるプロの人がいます。そういった人は、主に木や植物の手入れを行なってくれますが、最近では芝生の手入れも行なってくれるところがありますので利用してみて下さい。

アレンジする

和室

玉砂利は様々な種類があり、大きさも色も違いがあります。様々なものを組み合わせることでお庭のアレンジをしたり、防犯意識を改善したりとどんなことにも使っていけるようになっています。

間伐の色々

大きな石

庭に大きな木がある場合はどうしても処分に困ります。大木伐採は業者に任せれば安全性を保ちながら行なうことができます。

庭を綺麗に保つためには草むしりをしなければなりません。意外と労力が必要になりますが業者に頼めば処理が簡単です。

間伐とは何のことでしょうか

農林水産省は平成25年6月に、間伐の実施を促進させるための特別措置を公布しました。主な内容としては、間伐を実施する林業関係者や市町村を、交付金を付与する等の形で優遇するというものです。この特別措置は「日本の森林の状態を改善することでCO2の吸収効率を向上させる」との名目で公布されました。ここで、「間引きをするということはその分木が減るということで、逆にCO2の吸収効率が下がるのではないか」と不思議に思った方もおられるかもしれません。そこで、今回は伐採をすることでどういった効果があるのかについて簡単にご紹介しようと思います。

木が減るのにCO2の吸収効率が上がる理由

木が減れば、その分CO2を減少させるための働き手も減ることは確かです。それなのになぜ、より多くのCO2を吸収することができるのでしょうか。その秘密は、木一本一本のコンディションにあります。実は、木が健やかに生きるためには、周囲にある程度のスペースが必要なのです。狭い範囲にたくさんの木が生い茂っている状態では、枝を伸ばすための空間がありませんし、日光があたる範囲が限定されるので十分な光合成をすることができません。一本一本の木が得られる水分の量も減ってしまいます。これでは木は十分な栄養をとることができずに痩せ細ってしまいます。この不健康な状態では、一本一本の木は本来の力の半分も出す事ができないのです。問題はそれだけではありません。森に十分な光が入らないということは、その森に住む生物のバランスの偏りを、木が痩せ細ることは災害時に土砂崩れが起きる危険性が高まることをそれぞれ意味します。そこで間伐の出番というわけです。多すぎる木を間引いて、一本一本の木が伸び伸びと生きられる状態ができれば、働き手の数が減った分のマイナスを補って余りある働きをしてくれます。人間も木も健康第一ですね。

オススメリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加